クイール

 児童館で映画上映会があり行ってきました。 今月は「クイール」、盲導犬のお話です。
パピーウォーカーの存在は前から知っていましたが、やっぱり私には向いてないなぁ、と
思いました。 1歳という一番可愛い盛りにお別れするのは、耐えられません。
(別れのシーンで既に涙でボロボロだった私。子供達に悟られないよう隠していました(笑))

 でもそういうボランティアの方のお陰で、立派な盲導犬が誕生しているのですから、
その方々の努力は計り知れないものだと思いました。
(もちろん訓練は専門の訓練士の方がなさるのですが)

 我が家にも2頭、犬が居ますが、今は元気でもいずれお星様になる時も来ると思います。
最期まで看取るのはもちろんのことですが、出来ればその時期が来て欲しくない、と
思ったりします…
[PR]
by melia-jp | 2004-10-23 20:31 | いろいろ・・・
<< 新潟の地震 かたつむり ~その後~ >>