子供の日記より

 家族で日記を書いています。さぼる日が多いので、日記とは呼べないかもしれませんが、子供達は割とよく書いています。
先日、「そう言えば、私は全然書いてなかったなぁ」と思い、子供たちが書いた日記を見ていたら…

長女
今日は学校で○ちゃんに、遊べる日を書いて渡しました。「家に持って帰るように。」と言っておきました。○ちゃんは見てくれたかな?

「家に持って帰るように。」とは、偉そうな書き方…(冷汗) 多分実際に言った言葉ではないと思うけど、でも勝手に遊べる日を書いて渡さないで~。ちゃんと了解を取ってからにして欲しいな。

次女
今日はちこくしちゃいそうでした。でもだいじょうぶ。○(長女の名前)がちこくしますように。なーむあーみだーぶ。おかあさまは、わーくのせんせいよりこわいでーす。つの100こ出そう、こわいよー。にっきかくのだいすきです。今日はげんきいっぱいでーす。なんでもかんでもできそう!

…(滝汗) もう意味不明の日記。なーむあーみだーぶって拝まないでよ~。姉妹喧嘩していた後に書いたのかも。
「わーくのせんせい」とは以前幼児教室に通っていた時の先生のことだと思います。怖くて結構!

 日本語を忘れないようにと思って始めた家族日記ですが、予想外に面白い展開になり、私はいつも子供たちが書く日記を密かに楽しみにしています。
[PR]
by melia-jp | 2005-06-08 01:14 | 子供関連
<< 魚を3枚に下ろすって? 楽しい学校生活 >>